本と学びがある生活

自分の世界を広げたい。本を読んで感じたこと、たまに子育てについて書いています。

今だからわかる!復職後の不安の正体と乗り越え方

 

こんにちは😊

この度二回目の育児休暇を終了し、復職しました。

復職直後に子供が熱をだし出勤できなかったりとバタバタしていますが、精神的には焦らず落ち着いて過ごせています。

 

そんな私も、一回目の復職の時は不安でいっぱいでした。

その原因の一つは、周りの人が妙に成長しているように感じたから。

 

自分の知らないプロジェクトがたくさん進行していて、それに取り組む同僚たちが皆キラキラしているように見えました。

 

家に帰って夫に、この漠然とした不安を日々吐き出していました。

 

それから半年経過し、新しい環境に慣れると、同僚たちのキラキラは私のレンズを通して必要以上にそう見えていただけだと気付きます

 

「休んでいた分、追いつかないと」

「早く仕事のペースを掴まないと」

という力みが妙な焦りにつながっていたんですよね。

 

冷静に考えれば、ちょっと休んだくらいでそんなに差がついちゃったら、社歴が上の人ほど優秀ということになりますが、正直そんなことない(笑)

社歴が浅い人でも優秀な人はたくさんいます!!

 

最初は浦島太郎の状態になってしまうのは仕方ないですが、それはルールや環境の変化に慣れるのに時間が必要なだけで、能力に大きな差がついたわけではないと今ならわかります。

 

むしろ、休んでいた期間があるからこそ、柔らかい頭で良いアイディアが浮かんだりするので、強みにもなると思っています。

 

もし昔の私に声をかけられるとしたら、半年我慢して新しい環境に慣れれば、意外にみんな変わっていないことに気付くから!と言ってあげたいです(笑)

 

 

復職後、大変だったことの二つ目は子供の体調不良による突然のお休み。

保育園に入園した年はとにかくお呼び出しが多く、復職したその日に電話がありそのまま1週間出勤できなかったりしました。

 

一度目の復職時は、呼び出しがある度に焦り、皆に申し訳ない気持ちになり、なんとか保育園に預けられないかとも思っていました。

 

今は、相変わらず復職のタイミングを見計らっていたかのように熱をだす次男くんですが、以前のように焦らなくなりました。

 

一つ目の理由は、先ほど書いたように、変な焦りがないので「ずっと休んでいた人がさらに何日か休んでもいいか」くらいに思えるようになったこと。

 

二つ目の理由は「自分がコントロールできないことで悩まない」思考が身についたからだと思います。

これは、勝間和代さんの本やワーママはるさんの本から身に付きました。

 

子供の体調不良は自分ではコントロールできないこと

それに対し、うじうじ悩んだり申し訳ないという気持ちを引きずるよりは、割り切って、子供との時間をゆっくり過ごしたり、お昼寝している間に映画や読書を楽しもうと思えるようになりました。

 

 

本当にいっぱいいっぱいだった一度目の復職。

あの頃の自分に伝えてあげたいことはたくさんありますが、それはできないので、これから復職を控えている方や、しばらく仕事を辞めていてまた再開する方、新しい環境へと入る方のお役に少しでも立てれば嬉しいです!!

 

ここまで読んでくださりありがとうございました♪

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ
にほんブログ村

 

 

本は趣味の入口!本を読んで次から次へと興味が沸いた話

 

こんにちは。

もうすぐ育休が明けます。

振り返った時に最初に思ったことが「一生分の本を読んだかも」🙄✨

 

子供の頃は本が大好きだった私。

ダレン・シャンハリーポッターなどのファンタジーに夢中でした📚

 

しかし、社会人になってからはぱったりと読まなくなりました。

特に小説は10年くらい読んでなかったかも。

 

そんな中、ふと始めたTwitterで本の感想を書いている方を見て「あぁ久しぶりに小説を読みたいな」と思いました。

 

そして、、一冊読むと、読書熱が大爆発!!

Twitterで面白そうな本を見つけては、図書館で借りて毎日読み続けました。

 

そんな読書生活を振り返り感じたことは「読書は趣味の入口」であること。

泉のように、次から次へと世界が広がります。

本をきっかけに興味を持ったものの一つが「アート」

 

原田マハさんってご存じですか?

 

日本の小説家さんですが、過去には美術系大学を卒業され、ニューヨーク近代美術館勤務を経て、2002年フリーのキュレーターとして働かれていた方。

ゴッホピカソ、ルソー等を題材にした「アート小説」を多数書かれています。

あくまでフィクションという位置づけですが、1人の画家の人生に触れられた気持ちになり、心が切なく温かくなる作品ばかりです。

 

 

 

 

 

マハさんの小説を読むようになってから、「アート」にも興味が湧き、美術館に足を運ぶようになりました。

 

イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワールゴッホ、ゴーガン

 

クロード・モネ《睡蓮の池》

 

絵が好きな方とは楽しみ方が異なるかもしれませんが、私は「小説の中の絵だ!!」と思いながら感動していました。

 

さらにはアートだけでなくデザインにも興味が湧き、最近はこちらに。

 

上野リチ展

 

ウィーンと京都で活躍したデザイナー上野リチの世界初の回顧展。

どれもかわいくてかわいくて、思わず笑みがこぼれました。

 

さらには、美術が苦手だった私がアート体験にまで。

アルコールインクアート

 

絵本の原画展も、開催情報を見つけると足を運びました。

絵本を「絵」としてみると、また違った発見があります。

安房直子さん「やさしいたんぽぽ」より

 

 

最近は友人に、「絵興味なかったのにどうしたの?!!」とよく言われます(笑)

 

私自身も、こんなに趣味の幅が広がると思いませんでした。

改めて、本は私の世界を広げてくれる、大切な人生のお供だと感じます✨

 

これからもたくさん読んで、こちらでも共有させていただきます♪

 

ここまで読んでくださりありがとうございました♪

 

こちらもお願いします♪

fukkofuwari.hatenablog.com

 

fukkofuwari.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

 

 

「サードプレイス」を持ち自分らしくいられるようになった話

f:id:fukkofuwari:20220418160951p:plain


こんにちは☺

もうすぐ2度目の育児休暇が終了し、復職が近づいてきました。

 

今回の育休を振り返り、一番大きな変化はオンライン上のつながりがたくさんできたこと

ブログとTwitterを始め、オンラインコミュニティーに参加しました。

 

本名や年齢も分からない同士のつながり。

だからこそ、本当に自分の好きなことを共有できたり、心地よい関係性を築けました。

ブログやTwitterを始めなければ出会えなかった。

オンラインでどこでも誰とでもつながれることの素晴らしさを感じているこの頃です。

 

子育ての観点でいうと、育休中って「職場」との繋がりが一時的に絶たれるので、孤独になりやすいんですよね。

1回目の育休は、ひたすら子育てに追われ、世間から取り残された気がしていました。

一方今回は、ブログやTwitter、オンラインコミュニティーに入ったおかげで「子供のママ」だけでない「自分」の存在を常に感じることができました。

 

これらは私にとって大切な「サードプレイス」だったんだなと感じました。

サードプレイスがあったからこそ、育児のストレスに飲み込まれず、自分を大切に毎日楽しく過ごせてきました。

 

今回は、サードプレイスって?サードプレイスがあることで何が良いの?について書いていきたいと思います。

 

サードプレイスって??

f:id:fukkofuwari:20220418145736j:plain

 

皆さん、サードプレイスお持ちでしょうか?

 

サードプレイスとは自宅でも職場でもない、居心地のいい「第三の場所」のこと

アメリカのレイ・オルデンバーグ氏が名づけました。

ちなみにファーストプレイスは「家」、セカンドプレイスは「職場」です。

 

サードプレイスは、義務感ではなく自分自身の心にしたがって「行きたい」と思える、楽しくリラックスできる場所とされています。

 

サードプレイスを通じて様々な人と触れ合うことは、リフレッシュや刺激につながるため、昨今特に重要性が増しています。

 

私のサードプレイスは?

f:id:fukkofuwari:20220418154351p:plain

 

さて、私の話をさせていただくと、子供が産まれるまでは休日にフラワーアレンジメントの習い事をしたり、テニスをしたりと「サードプレイス」はいくつか持っていました。

 

しかし子供が産まれて休日自由に出かけられなくなると「家」と「職場」だけが居場所になっていきました。

 

特に育休中は「職場」とのつながりがなくなり「家」が全てに。

そのため、子供に意識が向きすぎる=依存状態になりやすくなりました。

例えば子供同士のささいなケンカやトラブル。

仕事をしていると気にならないようなことも、育休中だと子供に意識がいきすぎているため、必要以上に気にして私の精神状態も悪くなるということが度々ありました。

 

そんな中、ブログやTwitterを始め、オンラインコミュニティーに入ったことで、○○のママだけでない個人としての「私」にも目が向くようになりました。

 

自分の好きな本の話や気付いたことを発信することで、自分の好きなことに意識がいき、自分の時間も大切にしながら子供とも向き合うことができました。

皆さんのブログや投稿を見て、自分も刺激をもらって成長することができました。

 

好きなことと向き合い、心地よく繋がれる場。

まさに私にとってのサードプレイスがブログ・Twitter、オンラインコミュニティーだったんだと気付きました。

 

育児休暇中、これらを通じてのたくさんの人とのつながりが私の今後の人生の財産になりました!

 

おわりに

f:id:fukkofuwari:20220418155144j:plain

 

今回は、2回目の育児休暇を振り返った時に、オンライン上でできた心地よいつながりこそ私の「サードプレイス」であり、私が私らしくいられた源だったんだなと気付いたお話を書かせていただきました。

 

ブログってすごいですよね。

時には国を超えて色々な人とつながれるし、時も超えて未来の人にも読んでもらえるかもしれない。

 

今後は書く頻度は減ると思いますが、育休中にできた「サードプレイス」、大切に育てていきたいと思います!

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

今後もよろしくお願いいたします♪♪

 

 </pにほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ
にほんブログ村

 

 

 

 

【頭の中で考えすぎてしまう人にオススメ本】「ブッダが教える愉快な生き方」

 

今日は最近読んだとっても刺さった本をご紹介します!

 

 
Twitterで「良かった!」とオススメされている方がいたので軽い気持ちで読んでみることに。
すると思いがけず刺さる言葉がたくさんあり、何度も読み返しました。
 
一言で表すと未来でもなく、過去でもなく「今のこの瞬間」を大切に生きようと思える本でした。
 
仏教や坐禅の考え方がかみ砕いてとてもわかりやすく書かれています。
仏教に関して学ぶというよりは「愉快に生きる」ための心の持ちようを知ることができます。
読み終えた時は肩の力が抜け心が軽くなったような感覚でした。
 
過去のことを気にしすぎてしまう、未来のことばかり考えてしまうという方はおすすめです!

 

今回は、本の中で特に刺さった内容を3つご紹介したいと思います。

 

 

ありのままを受け入れる坐禅

 

皆さん、坐禅と聞いてどんなイメージが湧きますか?

 

途中で居眠りしそうになり肩をばしーんと叩かれる、長時間正座していないといけない、など「苦行」のイメージを持っている方がいるかもしれません。

(私がそうでした)

 

本には、坐禅の本質はそのような苦行ではないと書かれています。

何かを求めようとせず、現在に何も足そうとせず引こうともせずおおらかにのびのびと坐る。

 

私たちはつい未来のことを考え「理想の状態」「目標」に向かい自分をコントロールしようとしてしまいます。

筆者は本の中で、将来のことや過去のことにばかり心が向くと、今ここで実際に起きていることがほとんど体験できなくなる、と問題提起されています。

 

世界を直接的に体験して自分の人生を自由に生きるのではなく、頭の中に作った物語を繰り返し生きることになってしまいます

 

私この文章にはっとさせられたんですよね。

例えば子育てで「将来どうなって欲しい」など先のこのばかり考えていては、この瞬間しかない子供の今を見逃してしまいます。

外を散歩するとき、今日のToDoばかり考えて歩くのと、意識を今歩いている自分に集中させるのとでは、見えてくる景色が全く違います。

 

目覚めるということは、そのような思考の世界からはっきり覚めて、現実にしっかり足をつけて生きるということでもあるのです。

 

先のことばかり考えるのではなく、思考の世界から抜け出し、今この瞬間に出会うできことをもっと味わおうと思えました

 

悩みは「そのままに置いておく」

 

本では、生きている本来の「自己」と頭が作った思考や感情で悩む「自我」があり、あくまで「自我」は小さくて枝末にあるものであり、自己に軸足を置いて生きなければいけないと書かれています。

 

筆者は悩みがあるときに草取りの修行をしていると、いつの間にか気分が晴れていった経験があるそう。

この経験から、現実世界で働いている自分のほうが、思考や感情で悩んでいる自分よりずっと「大きい」と気付きます。

 

私たちはつい悩みがあると、それが自分の全てだと考えてしまいがちですが、そのように悩んでいる自分はあくまで大きな「自己」の中の一部だと筆者はいいます。

 

思考や感情などの悩みを、単なる心の出来事として、それ以上でもそれ以下でもなく、そのままに置いておく。

 

悩みがあるときは、無理に解決しようとせず、心の一部の出来事として「ただ置いておき日々を過ごす」が大切なんですね。

 

解像度の高い眼を持つ

 

本の中では「愉快に生きる」コツとして解像度の高い眼で物事を観察することが提案されています。

 

紹介されているのが「苦しみ」。

「苦しみ」の解像度を上げて分解すると「苦しみ=痛み×抵抗」となります。

 

身体的な痛みを感じた時、痛いと感じるのに加え「嫌だな」などの思い(=抵抗)があり、苦しみが倍増することがあります。

痛みはそのまま受容し「抵抗」を弱めるよう努めることが苦しみを減らす適切な対応だと考えられます。

 

また「幸せの式」は「幸せ=快楽÷執着」。

快楽に対して執着の度合いを上げると幸せの度合いが減ってしまうことを表しています。

 

これらは例だと思いますが、ここからいえることは、出来事は出来事としてありのまま受け入れ、それに対する自分の「反応」次第で苦しみは減るし、幸せ度合いもあがるということだと思いました。

 

(世界的ベストセラー「7つの習慣」にも、刺激に対して反応を選択することが大切と書かれており、繋がっている部分がありますね)

 

自分ではコントロールできない「出来事」ではなく、自分の心の反応を意識していきたいと思いました。

 

おわりに

 

今回は「ブッダが教える愉快な生き方」という本を読み感じたことをまとめました。

 

つい頭の中で未来のこと、過去のこと、色々と考えすぎてしまうのですが、そうしているといつまでも「今」を楽しむことができません。

 

あれこれ思考している自分はたまには横に置いておいて、現実の世界の「この瞬間」をゆっくり味わう時間をとりたいと思えた本でした!

 

気になった方は是非読んでみてください♪

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

 

 

片付けレベルが低い私が「自分視点」の片付け法を試してみた結果

f:id:fukkofuwari:20220310112314j:plain


こんにちは😊

いよいよ復職が近づいてきました。

復職までにやりたいことの一つが「快適なお部屋づくり」。

仕事が始まるとバタバタして物を整理したり本格的に掃除したりできないので、育休中に出来る限り断捨離してすっきりしたい!!

 

ただ、私片付けって本当に苦手なんです。

部屋が散らかってきてストレスがピークに達すると、すごい勢いで片づけて一時的に綺麗になるのですが、また数日で元通り。。

 

そんな中「ライフオーガナイズ」という物の整理ではなく思考の整理から始める片付け法について学ぶ機会がありました。

「生活をする上でストレスとなっていることは?」を考え、ストレスをなくすための仕組みづくり(すぐに元に戻らない方法)をしました。

 

「自分が最もストレスになっているところは?」から始めることで、とっても小さな工夫で大きな快適が得られました!!

 

今回は私が行った、「自分の心」を起点にした片付けについて書きたいと思います。

 

これまで色々な片付け術を試したけどしっくり来ていないという方、片付けが苦手という方、読んでいただけると嬉しいです♪

 

①自分のストレスとなっている場所は?

f:id:fukkofuwari:20220310111945j:plain

 

さぁ片づけようと思ったとき、どこから手を付けますか?

 

私は物がたくさん詰め込んである小ダンスとクローゼットを整理したいなぁと常々思っていました。

しかし「物」ではなく「自分」起点で「ストレスに感じているところは?」を考えてみると、気になるのは全く別の場所でした!

 

私の場合はダイニングテーブルの上と床。

 

ダイニングテーブルの上にはいつも、届いた郵便物や手帳が置いてあり、1/4ほどが埋まっている状態。ご飯を食べるときには避けながら料理を並べるのがストレスになっていました。

 

また、我が家のリビングにはソファーやハンガーラックがないこともあり、帰ってきた後の床には子供たちが脱いだコートやカバンがずらり。

移動するときにつまずくこともありストレスになっていました。

 

物ではなく「自分」視点でストレスになっている場所を考えることで、本当に片づけるべき場所が見つかりました!

 

②無理のない仕組みづくり

f:id:fukkofuwari:20220310114057j:plain


自分のストレス部分は見つかりましたが、一時的に片づけてもまた元に戻るのはわかっています。

 

元に戻さないためにいかに「無理のない仕組づくり」が大切です。

 

まずはダイニングテーブルに置く用の小さめの書類入れを買い、週に一度片付けをすることに。

ダイニングテーブルには置かない!すぐに片づける!というルールにするのは簡単ですが「無理のない目標」が大事だと思いました。

 

床置き対策には「空間を活用」すべくポールハンガーを買いました。

 

書類はとりあえず書類入れに。

バックやコート、手帳など細々したものも全てポールハンガーに。

たったこれだけのことですが「平面」が圧倒的に増えたことでとても快適に過ごせるようになりました。

(レベル低すぎですみません(汗))

 

③自分視点の片付けをして気付いたこと

f:id:fukkofuwari:20220311101626j:plain

 

自分視点の片付けをして私が感じたメリットは以下の通りです!

・物視点では気付かなかった「本当に片付けるべき場所」に気付いた。

・ほんの少しの労力でとっても快適になった。

物視点だと、つい物が多い場所から手をつけたくなりますが、一生懸命捨てても快適にならなかったという経験はありませんか?

例え物が多くても、それが自分のストレスになっていないのなら、その状態が理想の状態なのかもしれません。

 

今回「自分のストレスとなっている場所は?」から考えることで、改めて自分の理想の状態を描き、近づけることができました。

 

また、今回私がしたことは、書類入れを100円ショップで買ったことと、ポールハンガーをAmazonでぽちっとしただけ。

その数分の時間だけで、お部屋がうんっと快適になりました。

 

自分のストレス源を見極め、対処することが快適なお部屋づくりの近道なんだと改めて感じました!!

 

おわりに

f:id:fukkofuwari:20220311103245j:plain


今回は、私が行った「自分視点」の片付けについてご紹介しました。

片付け術などはたくさんありますが、片付けレベルの低すぎる私にはハードルが高かったり続かなかったり。

 

今回「片付ける」ことを目標とするのではなく「ストレスを取り除く」を目標とすることで、最初に手を付けるべき場所を見つけられた気がします。

 

部屋を快適にしたいけど、片付けが苦手という方は是非試してみていただけると嬉しいです☺

 

ここまで読んでくださりありがとうございました~♪

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ
にほんブログ村

やりたいことができなくてイライラしがちだった私が「加点思考」に変えて楽になった話

f:id:fukkofuwari:20220215070522p:plain

 

こんにちは。ブログにご訪問いただきありがとうございます。

4歳1歳を育てるママふっこです。

 

皆さんは、やりたいことができなくてイライラすることはありませんか?

 

私はめちゃくちゃありました!

自分の機嫌が悪くなるのは大抵子供に邪魔されて思った通りに過ごせないとき。

 

本を読みたくて早起きしたのに子供が起きてしまった・・

子供が寝てからブログを書こうと思っていたのになかなか寝なかった・・

 

この「やりたいことができずにイライラ」を直したくて自分の思考を振り返ったところ、原因は「減点思考」にあるのでは?と思い至りました。

やりたいことリストが常に頭の中にあって、全部できないと落ち込んだりイライラしてしまうんです。

 

そこで「減点思考」から「加点思考」に変えるべく日々意識していった結果、今ではやりたいことの1つでもできればOK!と思えるようになりました!

 

「加点思考」は子育てにおいても重要です。

加点思考を取り入れることで、叱るよりほめる回数が増えました!

 

今回は、イライラを減らす「加点思考」とは?加点思考にするために私が行っているワーク、子育てに当てはめた結果をご紹介したいと思います。

 

■こんな人にオススメ■

・やりたいことができなくてイライラしがち。

・頭の中に常にやりたいことリストが入っている。

・いつもせかせかしている。

・子供をほめるより叱る回数の方が多い。

 

生きるのが楽になる「加点思考」とは?

f:id:fukkofuwari:20220215152959j:plain

 

まずは定義から。

減点方式: 物事の判定や評価において、悪い点・失敗などの要素に応じて点数を差し引いていく方法

加点方式:物事の判定や評価において、良い点や優れた点などを点数として積み上げていく方法を意味する語

 

これを思考に当てはめると、例えばこんなシーン。

毎日英語の勉強を30分したいけど、今日は子供が早起きして10分になった。

皆さんは、このような状況でどう感じますか?

 

ここで減点思考の人は、

😣「30分やると決めているのに、10分しかできなかった!!」

とイライラしてしまいます。

 

一方、加点思考の人は

😊「10分間で新しい単語が覚えられた!!」

と少しでも時間がとれたことで満足します。

 

減点思考の人は「できなかったこと」に意識が向くのに対し、加点思考の人は「できたこと」に意識が向くんです!

 

以前の私は典型的な減点思考。

やりたいことリストが常に頭の中にあり、できていないと「いつやろう」と頭の中がずっと落ち着きませんでした。

出来ないまま1日が終わると「あぁ今日もできなかった・・」とイライラしたり落ち込んだり。

 

でも子供がいたら思い通りにはいかなくて当然😂

この状況を変えなければ!と試したのが「3 good things」のワークです。

 

「加点思考」になるための「3 good things」

f:id:fukkofuwari:20220215153243j:plain

 

「3 good things」というワークをご存じですか?

名前の通り「今日あったいいことを3つ書く」という簡単なワークです。

人間の脳は、嫌なことにフォーカスする癖があるそう。

「いいこと」を毎日思い起こすことで、ポジティブな思考へと変わっていきます。

 

お母さんの自己肯定感を高める本という本を参考に始めてみることにしました。

 

このワークのポイントは、今この瞬間」に意識を向け日常にあるささいな幸せを見つけること。

 

普段は自転車で通り過ぎる道を歩いてみると、お花の香りがして季節を感じた。

朝一番に白湯を飲んで、身体がじんわり温まるのを感じた。

 

その瞬間に意識を向けることで、当たり前の日常の中にもたくさんの発見があります。

 

このワークをし始めてから、「あぁ今日も○○できなかった」と落ち込むのではなく、今日も小さな幸せを味わえたと思えるようになりました。

まさに加点思考です👌✨

まだまだ完璧ではないですが、ワークを通じて良い思考・感情へと少しずつ転換していければと思います!

 

また、手帳にはこんなことも書いています。

・今日できたこと

・今日の学び・気付き

例えば本を数ページ読んだだけでも学びはあります。

それを書き留めておくことで「全然本が読めていない」から「今日も一つ気付きが得られた!」と加点思考で考えることができるようになりました💡

 

「子育て」も加点思考で

f:id:fukkofuwari:20220216133109p:plain

お子様をほめる回数と叱る回数、どちらが多いですか?

 

子育てにも「加点思考」は大切だと思っています。

赤ちゃんの時は何もできなくて当たり前。

「ばばー」と意味ありげな言葉を発しただけで、それはもうほめるの嵐です笑

 

しかし子供が成長するにつれ「できてほめる」よりやらないときに叱る回数が増えていきました。

加点思考から減点思考へと変わっていっているんです。

そんな状況を反省し、手帳に「今日の長男のえらかったこと」を書き出すようにしました。

 

書き出してから、たくさんほめてあげるポイントはあるのに、ちゃんと伝えられていなかったなという気付きがありました。

 

今は「できないときに叱る」ではなく「できたときに(大げさに)驚く!認める!」を意識しています。

ほめられるの大好き長男は、叱るよりよっぽど効果的なようです😊✨

 

おわりに

f:id:fukkofuwari:20220216134746j:plain



今日は「減点思考」で、できないことがあるとイライラしがちだった私が「3 good things」「子供ほめ」ワークをすることで、加点思考に変わってきている話について書かせていただきました。

 

加点思考にすることで、日常の中にもたくさんの「いいこと」が埋まっていることに気付き、毎日が楽しくなりました

 

捉え方次第でストレスフルな日常が楽しくなるのなら、そのほうが良いですよね😊

 

自分は減点思考かも?と思った方は「今この瞬間」に意識を集中させて日常を過ごされてみてください♪ 

せかせかしていると気づかなかった新しい発見があるかもしれません😊

 

ここまで読んでくださりありがとうございました♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ
にほんブログ村

普通の育児本はもう飽きた?! 子育てにも役立つオススメ実用書3選

f:id:fukkofuwari:20220204155149p:plain

 

こんにちは😊✨

ブログに訪問いただきありがとうございます。

4歳1歳を育てるママふっこです。

 

皆さん、育児本は読みますか?

 

私はこれまでたくさんの「育児本」を読んできました。

今流行りの「自己肯定感」に関してだったり、怒らない方法だったり。

ただ、内容が似ているものが多く、理想論だけだと窮屈に感じてしまっていました。

 

そこで最近は「育児本」ではないけれど、子育てに対する気付きも得られる本を読んでいます!

 

いわゆる育児本ではないので、自分自身の学びにもつながります‼

子育てに当てはめ考えることで、これまでの育児本からは得られなかった新たな気付きがありました✨

 

今回は自分自身の知識の幅を広げてくれるだけでなく、子育ての役にも立つオススメ実用書3冊を簡単な感想とともにご紹介したいと思います。

 

子育て中の方もそうでない方も、参考にしていただけると嬉しいです😊✨

 

 

反省させると犯罪者になります

 

犯罪者に反省させるな―。「そんなバカな」と思うだろう。しかし、犯罪者に即時に「反省」を求めると、彼らは「世間向けの偽善」ばかりを身に付けてしまう。犯罪者を本当に反省に導くのならば、まずは「被害者の心情を考えさせない」「反省は求めない」「加害者の視点で考えさせる」方が、実はずっと効果的なのである。「厳罰主義」の視点では欠落している「不都合な真実」を、更生の現場の豊富な実例とともに語る

 

著者の岡本さんは、大学での研究・教育活動の傍ら、刑務所での受刑者の更生支援にも携わられた方。

本書は、刑務所での活動を通じて岡本さんが感じた問題行動を起こした者への向き合い方がまとめられています。

 

上辺だけの反省は自分の内面と向き合う機会を奪うことだと岡本さんは言います。

気持ちを抑圧して終わりにすると、それが積もり積もって爆発し、犯罪につながる。

大切なのはなぜ問題行動を起こしたのか、内面をともに探索していく姿勢。

 

本では主に刑務所と教育の場が舞台ですが、子育てにも当てはまります

 

子供が悪いことをしたらつい「ごめんなさいは?!」と言ってしまいがち。

 

しかし自分は本当に悪いことをしたと心から思えることはそんなに簡単でなく、すぐに謝らせてもそれは言葉だけ。

親として「なぜしてしまったのか?」に寄り添い、心の声を聞いてあげる必要があると痛感しました。

 

スマホ

 
平均で一日四時間、若者の二割は七時間も使うスマホ。だがスティーブ・ジョブズを筆頭に、IT業界のトップはわが子にデジタル・デバイスを与えないという。なぜか? 睡眠障害、うつ、記憶力や集中力、学力の低下、依存――最新研究が明らかにするのはスマホの便利さに溺れているうちにあなたの脳が確実に蝕まれていく現実だ。教育大国スウェーデンを震撼させ、社会現象となった世界的ベストセラーがついに日本上陸。

 

ベストセラーとなった本書。

なぜ私たちはスマホが手放せないのか?スマホを使い続けることの影響は?

科学的エビデンスとともにわかりやすく説明されています。

 

脳の報酬システムは「不確かな未来への期待」に最も反応するようできており、SNSはこのシステムを利用して中毒者を生み出しています。

 

スマホが目に見えるところにあるだけで注意散漫になり、目の前の人との会話が楽しめなくなるそう😭

 

そしてスマホ依存により、子供の集中力や学力の低下、精神疾患の増加が認められているとのこと。

 

私たち親世代より長くスマホやSNSと共に人生を歩む子供たち。

スマホに人生を支配されるのではなく、メリットを活かして上手く使いこなせるよう、親として真剣に考えたいです。

 

Dark Horse

 

「ダークホース(型破りな成功をした人)」たちの
最大の共通点は「本来の自分であること(=充足感)」を
追い求めていたらいつの間にか成功していたということ。
学歴もこれまでの経験も関係ない!
誰でも活用できる新しい時代の「成功への地図」が今、ここに明かされる!

 

ダークホースは、本来競馬で番狂わせを起こす馬のことを指しますが、ここでは高学歴・大企業が良しとされる標準化されたレールからはずれ、自分の「フィット感」を大切にして生きてきた結果、最終的に成功した人をいいます。

 

ダークホースたちは自分の中にある「小さなモチベーション」に気付き、充足感を追求していくことで最終的に成功。

そしてこれからの「正解がない」時代は、このダークホース的な生き方が標準的となるとのこと

 

本の後半では「才能」についても言及されています。

「才能は稀なものである」という考えは、入学試験などの「定員制」がもたらす弊害。

本来才能には多様性があり、誰もが何かに秀でている。

 

子供にどんな環境を用意し、才能を伸ばす場をつくってあげられるか。考えさせられました。

 

おわりに

f:id:fukkofuwari:20220203170738j:plain


今回は、自分自身の知識の幅を広げてくれるだけでなく、子育てにも役立つ実用書を3冊ご紹介しました!

 

いずれの本も独自の切り口で現代社会の闇に切り込んでいます。

いわゆる育児本ではないのですが、だからこそ押しつけがましくなく、考えさせられました。

 

興味を持っていただけたら、是非一読してみてください ♪

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!!

 

こちらもよろしくお願いします♪

fukkofuwari.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

 

 

 

素直になれない人へ!私が手書きの手紙をオススメする3つの理由

f:id:fukkofuwari:20220125154325j:plain

 

皆さん、最近手紙は書いていますか?

 

ひと昔前は、メッセージのやりとりは電話か手紙が主でしたが、今はラインやメール、チャットが一般的になってきています。

 

しかしそんな時代だからこそ、私は大切な人に気持ちを伝えるときは手書きの手紙を書くようにしています。

 

私が考える手紙の良さは、以下の3つです。

① 素直に気持ちを伝えやすい

② 手書きの文字から気持ちが伝わる

③ 大切に持ち続けることができる

 

手書きの手紙を書こうとすると、便箋や封筒を選んだり、切手を買ったりと、メールをするよりも圧倒的に手間はかかります。

でも、手間がかかるからこそ受け取った側は嬉しいし気持ちが伝わります

 

今回の記事では、20年以上家族や大切な人と手紙のやりとりをしている私が考える、手書きの手紙のメリットをご紹介したいと思います

 

普段、家族や友人に感謝の気持ちを伝える機会がないなという方、是非読んでみていただけると嬉しいです。

 

 

私の手紙遍歴

f:id:fukkofuwari:20220125154316j:plain

 

私が手書きの手紙を好きな理由は、家族の影響が大きいです。

 

一番古い記憶は、小学生の頃の祖母との手紙のやりとりです。

祖母がいつも手紙に大好きな○○ちゃんへと書いてくれていました。

小学校での出来事などをワクワクしながら書いていたのを覚えています。

 

また私の母は、私が小学生の頃から30代になった今でも、誕生日にはプレゼントと一緒に手紙を書いて贈ってくれています。

娘である私の幸せを願う母の気持ちがとてもよく伝わり、プレゼント以上に嬉しい贈り物です。

 


f:id:fukkofuwari:20220125212609j:image

母が贈ってくれたバースデーカード

 

また夫とは知り合って約10経ちますが、毎年欠かさずお互いの誕生日には手紙のやりとりをしています。

付き合ってすぐの頃は長かった手紙も、今は照れくささもあり短いメッセージですが、それでも「いつもありがとう」と感謝の気持ちを伝える大切な機会となっています。

最近では子供と一緒にこっそりと書いたりしています。


f:id:fukkofuwari:20220125212625j:image

夫からの手紙もたくさん溜まってきました。

 

オススメ理由①素直に気持ちを伝えやすい

f:id:fukkofuwari:20220125161138j:plain



家族など、近い関係だからこそ感謝の気持ちを伝えるのは照れくさいですよね。

 

そんな時、手紙を書く習慣があると照れくさくて言えない素直な気持ちを伝えやすくなります。

もちろん、ラインやメールでも伝えることはできますが、普段の連絡手段と同じものだとなかなか書くきっかけがなかったり、気持ちを込めづらかったりします。

 

めったに書かない手書きの手紙だからこそ、普段は言わない素直な気持ちを伝えやすくなると思っています。

 

オススメ理由②文字から気持ちが伝わる

f:id:fukkofuwari:20220125161733j:plain

 

手書きの手紙と電子文字との大きな違いは、文字からも送り主の気持ちが伝わるという点です。

これを一番実感したのは最近亡くなった祖母が最後に私に送ってくれた手紙です。

その手紙の文字は、少し揺れながらも、途中で終わることなく最後までびっしりと書いてくれていました。

病気により手が思うように動かせない中で、一生懸命に書いてくれたんだなと文字からひしひしと伝わり、それだけで嬉しくて泣きそうになりました。

 

また、字が汚くて手紙が苦手という方もいると思いますが、だからこそ丁寧に書いた手紙は、その文字からも相手に気持ちが伝わると思います!

オススメ理由③大切に持ち続けることができる

f:id:fukkofuwari:20220125162101j:plain

 

保存性はメールのほうが良いように思いがちですが、メールは携帯が壊れるなど、不測の事態でなくなってしまう危険もあります。

私の場合、他のメールに埋もれてしまい、なかなか後から見返せない状態です。

 

一方手紙は、きちんと保存場所を決めてとっておけば、一生大切に持ち続けられ、見たい時に見返すこともできます。

 

私はいただいた手紙やメッセージは、お気に入りの箱に入れて全部大切にとってあります。

溜まった手紙は私にとって宝物であり、大切な人と歩んだ人生そのもの。

 

いつか子供にも愛情を手紙で伝えてあげたいなと思っています。

f:id:fukkofuwari:20220125212644j:image

私の宝物たち

 

おわりに

f:id:fukkofuwari:20220125154331p:plain

 

今回は、ラインやメールですぐにメッセージをやりとりできる今だからこそ、大切にしたい手紙について書きました。

 

家族など、身近な存在だからこそ、普段は照れくさくて言えない感謝の気持ち。

特別な日に、手紙で伝えてみると、きっと相手も喜んでくれるはず!

 

大切な人に手紙を贈るとき、便箋や封筒を探すときからワクワクそわそわしますよね。

 

少し手間がかかるからこそ、きっと素敵な贈り物になると思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました♪

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 気づきへ
にほんブログ村

~家事に育児に頑張りすぎてしまう人へ~強制的に家事を手放してみたら最高だった

f:id:fukkofuwari:20220116233835j:plain

 

こんにちは👩✨。

私は4歳1歳👦を育てているワーママで、現在2回目の育児休暇をとっております。

 

育児休暇中って頑張りすぎてしまいませんか?

 

育児休暇は、小さい赤ちゃんを育てるためであると同時に、親である私たちが身体を休めるための期間でもあります。

 

しかし私は、お仕事モードがなかなか抜けず、だらだらしきれませんでした。

子供がせっかくお昼寝しても、その間に晩御飯の準備をしたり、掃除をしたり、せっせと家事をしてしまいます。

買い物に行っては食材を買い込み、頭の中では常に晩御飯のメニューを考えている。

 

夜間授乳で寝不足だったこともあり、長男が返ってくるころに疲れがピークに。

イライラしてしまうということを繰り返していました

 

頭では手を抜こうとわかっているけど、つい家事のことが気になってしまう

 

そこで私は、強制的に手を抜くための仕組みづくりをしてみました。

 

やってみて気付いたことは、やめても誰も困らなかった!

そして時間だけでなく、心にもゆとりができました。

 

今回の記事では私が実践した手を抜くための仕組みづくりとその結果をご紹介したいと思います。

 

■こんな人にオススメ■

・育児に家事に頑張りすぎてしまう

・手を抜くことが苦手

・育児休暇を充実させたい

 

 

頑張りすぎをやめようと思ったきっかけ

f:id:fukkofuwari:20220117114050j:plain

 

頑張りすぎをやめようと思ったきっかけは、篠原信さんの以下の記事を見てから。

 

note.com

赤ちゃんが生まれ、育児がスタートするとき、努力の方向をそれまでとは全く逆転させる必要がある。「頑張ってはいけない」ということ、「笑顔を失ってはいけない」ということ。笑顔を失わないために、いかに頑張らないか。頑張らずに済ませるために、どれだけ人の力を借りるか。手を抜くか。

 

この記事を読んではっとしました。

手を抜くのは、マイナスのことではなく、むしろ家族のためにも積極的にやるべきことなんだ。

 

また、記事の中で最も響いたのがここ。

拷問の中でも、もっとも耐え難いと言われるのが眠らせないことと言われる。授乳期のワンオペは、最高級の拷問の刑に処しているようなもの。この時期、どうしても助けが必要。

 

授乳期のまともに睡眠をとれないない状態を「最高級の拷問」と表現してくださっていることで、「私頑張っているんだ、休んでいいんだ」と思えました

 

強制的にやめる仕組みづくり

f:id:fukkofuwari:20220117112356j:plain

 

私の場合、日中の休むべき時間を圧迫していたのは「料理」。

そこで、やらないための仕組みづくりをしました。

 

まず、①買い物に行く頻度をぐっと減らし、冷蔵庫の中の食材ストックを少なくしました。

食材があると期限に追われて料理をしすぎてしまうんですよね

 

そして、②1日に作る料理は一品だけと決め、メニューも固定しました。

たっぷり野菜をいれた具沢山味噌汁を作れば、それだけでも十分です!

 

 

私はホットクックを愛用しており、適当野菜をたくさんいれてスイッチを押せば、自動でお野菜たっぷり具沢山味噌汁ができます!

 

fukkofuwari.hatenablog.com

 

もちろん手の込んだ料理をすれば子供も喜ぶかもしれませんが、そこはトレードオフ思考。

自分の心のゆとりのために、簡単でも栄養満点の料理を選びました👌

 

また、家にいるとつい家事が気になるため(真面目😨?!)③外出の機会を増やし強制的に意識から切り離しました。

 

家事を手放した結果

f:id:fukkofuwari:20220117114000j:plain

 

やめて困るどころか、自分にとっても家族にとっても良いことだらけでした!

 

・品数が減り「早く食べなさい!」のイライラがなくなる。

・残業で夜遅く食べる夫にはむしろ丁度良い量。

・食べすぎを防ぎ、ダイエットにも。

一番良かったことは、私のワーキングメモリがあいたこと

料理をしていた時は常に頭の片隅に「いつ作ろう」「なに作ろう」がありましたが、手放したことで頭の中がすっきり。

心にもゆとりがうまれました。

 

空いた時間で子供とゆっくり過ごしたり、好きな読書をしたり、カフェタイムをしたり。

もっと早く取り組めばよかったなと思っています。

 

ここからの学びは、〇〇すべきと思っていたものを思い切ってやめてみたら、全く困らなかったこと。

 

つい家事を頑張りすぎてしまう人は、強制的に手を抜くための仕組みをつくってみたら「意外にやらなくても良かった!」というものがたくさんあるかもしれません。

 

 

おわりに

f:id:fukkofuwari:20220116233931j:plain

 

今回は、家事の手を抜きたいけど上手く抜けない人へ、強制的に手を抜く仕組みづくりと結果について書かせていただきました。

 

特に育児休暇中は、働いていないことへの罪悪感のようなものもあり、つい家でせかせかと動いてしまいがち。

 

しかし、夜間の授乳などの「拷問」に耐えているだけでもえらい!

抜ける手は全部抜き、その分笑顔で子供たちと接してあげたいですね♪

 

ここまで読んでいただきありがとうございました😊✨

 

関連記事もよろしくお願いいたします♪

 

fukkofuwari.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ
にほんブログ村

 

 

 

今年こそは目標を達成したい!理想を具現化できるビジョンマップとは?

f:id:fukkofuwari:20220110173648j:plain

 

皆さん、今年の目標は立てられましたか?

私は以前から気になっていたビジョンマップを作成してみました!

 

ビジョンマップとは、自分の理想のイメージに合う写真を集めて一枚にまとめたもの。

夢を引き寄せる力や、自分でも気づかなかった願望が見えてくる効果があると言われています。

 

ビジョンマップを作成して半月が経ちますが、効果抜群!

意識の中に、常に「理想の自分」がいることで日々の行動が変わってきています。

 

今回の記事では、理想を具現化するためのビジョンマップの効果および簡単な作り方をご紹介したいと思います。

 

■こんな方にオススメ■

・ビジョンマップを作ってみたい

・目標を達成できないことが多い

・夢を具現化する簡単な方法が知りたい

 

 

ビジョンマップとは?

f:id:fukkofuwari:20220110233125j:plain

 

ビジョンマップとは、欲しいものや行きたい場所、理想の生活、叶えたい夢のイメージに近い写真を集め、一枚にまめたものです。

ヒルトンホテル創業者のコンラッドヒルトンやモデルのミランダ・カーも実践したそうです。

 

音声ラジオVoicyで白木夏子さんやワーママはるさんが紹介されていて興味を持ちました。

こちらの本にも詳しく書いてあります。

 

ポイントは、ビジョンマップは写真でつくること。

視覚情報は、直観的に理解しやすく、文字よりも強力に私たちの頭の中に残るんです。

 

そして作成したマインドマップを毎日目に触れる場所に置くことで、潜在意識の中に常に理想の自分が刷り込まれ、日々の行動が変わっていきます。

 

具体的な作り方は以下の通り。

① 雑誌などから理想(欲しいもの、行きたい場所、夢など)のイメージに近い写真  

  を集める

② コルクボードや画用紙に切り貼りする

③ 毎日目に触れる場所に置いておく

雑誌を見て自分の心にとまった写真を集めていくことで、自分でも気づかなかった理想の姿が見えてくることもあるそう。

深く考えすぎず楽しみながらつくるのが良いですね✨

 

簡単なビジョンマップの作り方

f:id:fukkofuwari:20220110233945j:plain

 

雑誌と画用紙があればすぐに作れるビジョンマップ。

それでも、普段あまり雑誌を読まない私にはハードルが高く、実はなかなか作ることができませんでした。

 

そんな中、音声ラジオVoicyでワーママはるさんが「PicCollage」 というアプリでビジョンマップを作成しているとお話されていました。

「PicCollage」はコラージュ写真を作れるアプリ。

写真を複数枚選ぶだけで、自動でコラージュしてくれます。

 

私は、自分が撮った写真に加え、憧れの女優さんのインスタグラムの写真を使わせていただきました!

少な目ですが、5枚でコラージュ写真をつくっています。

 

写真さえ用意すれば数分でビジョンマップ作成完了。

ずぼらな私でも簡単に綺麗なビジョンマップができました。

私が感じている効果

f:id:fukkofuwari:20220110233733j:plain

 

私は作成したビジョンマップを携帯の待ち受けにしています。

携帯の待ち受けって一日に何回も見るので、ビジョンマップを置くには最適な場所です。

 

例えば私の場合、目標が「お気に入りだけに囲まれたミニマルな生活を送ること」だったので、理想のお部屋の写真をビジョンマップにいれました。

するとなんと、買い物をするときに、頭の中に綺麗なお部屋の画像が浮かぶようになり、衝動買いをすることがなくなったんです!

文字だけで見るより、イメージ画像のほうが脳に残りやすくて効果を感じています!

 

おわりに

f:id:fukkofuwari:20220110234746j:plain



今回は、ビジョンマップの効果と簡単な作り方についてご紹介しました。

自分の心がときめく写真を集めたり切り貼りしたりするだけでワクワクしますよね💕

まずは難しく考えず、楽しく取り組んでいただけると嬉しいです♪

 

ここまで読んでくださりありがとうございました ♪

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

2021年 心を揺さぶられた小説

f:id:fukkofuwari:20211227204436j:plain

 

今回は、2021年読んで読んで良かった小説をご紹介します!

 

2021年の大きな出来事の一つが、本好きが再燃したこと。

子供が産まれてからは自分時間がなく、ビジネス本は読んでいたものの、小説からは離れていました。

しかし今年、Twitterを始めて読書好きさんとつながったことで本を読みたい気持ちがふつふつと沸き上がり、読書を再開!

記念すべき第2次読書ブームの中でも、特に心に残った小説をご紹介したいと思います。

十角館の殺人

 

小説を再び読み始めて最初に読んだ本がこちら。

綾辻行人先生の館シリーズ1作目にしてファンが多い作品です。

ページをめくる手が止まらず、夢中になって一気読みしました。

 

丁寧な描写でドラマを見ているかのような臨場感があり、最後は美しく伏線が回収されます。

本土と島の話が並行して描かれますが、つながった瞬間の衝撃は今も忘れられません。

ミステリー好きなら外せない一冊。

眠っていたミステリー好きを思い出させてくれた大切な本になりました!

 

本日は、お日柄も良く

 

スピーチライターを題材にしたお仕事小説。

本の中には数々のスピーチがでてきますが、心揺さぶられ感動してしまいました。

近年、言葉で人を追い込む悲しいニュースが多いです。

人を傷つける武器になる言葉ですが、人を励ましたり、愛を伝えたり、時には世を動かす力も持っています。

「言葉」の持つ力、奥深さを改めて考えたくなりました。

私もギフトのような素敵な言葉を紡ぎだせる人になりたいと思えた本でした🍀

 

たゆたえども沈まず

 

こちらも原田マハさんの作品。

ゴッホの絵を生み出す苦しみ、弟との特別なつながりと愛、ゴッホの絵の価値に気付き信じた日本人、それらが儚くも美しく描かれています

ゴッホの最期まで描かれるので、読み進めるうちに胸が熱く、切なくなり、読み終わってからも心地よい余韻が続く作品でした。

 

ちなみにこちらは「たゆたえども沈まず」の制作秘話も書かれた本。

 

「たゆたえども沈まず」はあくまでフィクションという位置付けですが、原田マハさんが実際にフランスに足を運び、ゴッホに心を寄せながら書かれた作品であるとわかります。

 

ザリガニの鳴くところ

 

丁寧な自然描写や詩が澄んだ世界観を作り出し、いつまでもこの世界に浸っていたくなるような作品でした。

ミステリーとしても深みがあり、最後の1ページまで堪能できます。

人を信じては裏切られ、それでもまた信じ寄り添う。

そんな主人公カイアの生涯を見届けられる、深みのある小説でした。

 

おわりに

f:id:fukkofuwari:20211228140053j:plain

 

今回は2021年読んでよかった小説を4作品ご紹介しました。

面白かった小説は他にもたくさんあるので迷いましたが、物語を通じて私の心を動かしてくれた4作品を選びました。

 

子供が産まれてからの読書は「ビジネス本」中心だった私。

しかし小説を再び読み始め、時には寝る間も惜しんで読んだりもして、こういう時間も大切だなと改めて思いました。

 

生活に潤いをくれる小説、2022年もたくさん読みたいと思います!!

 

ここまで読んでくださりありがとうございました💕😊

 

実用書編はこちらです!

fukkofuwari.hatenablog.com

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

2021年 オススメ本 ( ビジネス・実用書編 )

f:id:fukkofuwari:20211227115328p:plain

 

今回は2021年読んで良かった本、ビジネス・実用書編です!

今年は育児休暇中だったため、今後のキャリアを考えるきっかけになる本、思考や知識の幅を広げてくれる本をたくさん読みました。

その中でも、日々の行動や価値観を大きく変えてくれた本をご紹介したいと思います!

やめる時間術

 

時間の使い方を徹底的に見直すきっかけをくれた本書。

「やらなくてもよいこと」をやめる、ネットサーフィンなどの浪費時間をなくす仕組みづくりを行い、自分時間を作り出すことができました。

確保した時間で読書をしたりブログを書いたり、子供が産まれてからは諦めていた’’自分のための時間’’を過ごすことができています

時間の使い方はその人の生き方そのもの。

限られた時間を何に使うか?将来のキャリアも含め、考え直すことができました。

fukkofuwari.hatenablog.com

 

ライフシフト習慣術

 

「やめる時間術」と同じく尾石晴さん(ワーママはるさん)の著書。

この本を読んでから、第二の職業人生について意識し始めました。

今すぐ転職する予定はないし、先々のこともイメージはできていませんが、自分の好きに関わる仕事や定年のない仕事もいいなと思うように。

そのためには自分の興味関心に耳を傾け、経験を積むことが大切とのこと。

この本を読むまでは漠然とした将来の不安がありましたが、頭で考えるより、小さいことから始めてみよう!と思えるようになりました。

fukkofuwari.hatenablog.com

 

DIE WITH ZELO

 

稼いだお金を全て使わずに死んでしまえば、人生の貴重な時間を無駄に働いて過ごしたことになる。生きているうちに使いきれない額の金を稼ぐために人生の貴重な時間を無駄にすべきでない。

 

この本の本質は、人生で大切なものは何かを改めて読者に考えさせること。

後悔しない生き方をするためにどうすればよいか?

個人的に最も響いたのは「人生最後に残るのは思い出」。

家族と過ごせる時間をこれまで以上に大切にしようと思えました。

 

「教える」ということ

 

ライフネット生命の創業者であり、現在は立命館アジア太平洋大学(APU)学長をされている出口治明さんの書籍。「教育」の本質、現在の課題が提示されています。

 

何のために「学ぶ」のか。親として、子供にどのような学ぶ環境を用意したらよいか。

親になったからこそ深く考えさせられました。

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?

 

今年読んだ「ビジネス本」の中でNo.1。

山口周さんのベストセラー本。

ビジネスの文脈で「美意識」を語る切り口が新鮮で興味深く読み進めました。

 

これからの時代、これまで重要だとされてきた「ロジック」だけでは必ず行き詰まる。だからこそ直観や感性をモノサシとして判断し、価値を提供していく必要がある

 

近年「感性」が大切というのはよく聞きますが、本書は2017年出版。

時代に先駆けてこれからのビジネスで大切な要素を提示されており、さすが山口さんと思わせてくれます。

この本を読んでからアートを積極的に見に行くようになりました。

こちらの本も良かったです。

 

おわりに

f:id:fukkofuwari:20211226235119j:plain

2021年読んで良かった実用書をご紹介しました。

今年は育児休暇中ということもあり、ビジネス本は少なめ、キャリアやライフスタイルを考え直すきっかけをくれる本を意識的に読みました。

時間の使い方を考え直し、新しいチャレンジにつながるたくさんの良書に出会えた良い年でした!

 

また別の記事で小説編・子育て編は書きたいと思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました♪

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

もう情報に踊らされない!情報収集方法を見直し、毎日質の高い情報を得られるようになった話

f:id:fukkofuwari:20211214104304j:plain

 

こんにちは。4歳0歳を育てるワーママふっこです。

 

皆さん、このような悩みはありませんか?

 

・入る情報に心が振り回される

・ついだらだらスマホを見てしまう

・批判的なニュースばかりで疲れる

 

私も以前は、自分の時間がない!と言いながら、空いた時間にワイドショーを見たりネットサーフィンをするを繰り返していました。

 

ワイドショーやネット記事は批判的な内容が多く見すぎると疲れてしまうこともありました。

そんな中、二人目の子供が産まれたことをきっかけに、時間の使い方を徹底的に見直しました

 

fukkofuwari.hatenablog.com

 

だらだらスマホ等の【浪費時間】をなくし、貴重なスキマ時間は学びにつながる時間になるよう【仕組みづくり】を行いました。

また、自分に入ってくる情報の質をあげるため情報収集源も見直しました

 

具体的には、以下のことをしています。

① フロー情報とストック情報を意識する

② スキマ時間に何をするか事前に決めておく

③ 有料コンテンツの活用

上記を実践することで入ってくる情報の質が良くなり、日々の成長を実感できています。

情報が溢れている今の時代だからこそ、フェイクニュース等に惑わされず自分にとって意味のある情報を得たいですよね。

 

今回は、私が情報リテラシーを高めるために意識していることと具体的な仕組みづくりについて書きたいと思います

 

どのような情報にふれるかで人生が変わる

f:id:fukkofuwari:20211215121100j:plain

 

私たちは意識していなくても毎日たくさんの情報にふれています。

朝テレビをつけるとニュース番組やワイドショーがやっていますし、電車に乗りながら携帯を見ればネットニュースが目に入ります。

 

一般的に、ワイドショーやネットニュースは視聴者の「怒り」を誘発するものが多いです。

ポジティブなネタより、怒りを生むネタのほうが視聴率・クリック率があがるからだそうです。

 

ワイドショーを見ると、常にみんな怒っていますよね・・・

 

最近は人の批判が多いワイドショーは見ると疲れるので見ていませんでしたが、

スキマ時間ができるとついネットニュースを見てしまうことはありました。

 

誰かの不倫ニュースなんて知っても何の意味もないのに見てしまう・・・

 

良くないニュースを目にしすぎると、関係がないのに自分まで落ち込んでしまいます

ワイドショーやネットニュースは事実を一部切り取って報道されることが多く、偏った報道だけを見て流されてしまう危険性もあります。

 

日々ふれる情報は、知らず知らずのうちに私たちの思考や精神に影響を及ぼします。

だからこそ、入ってくる情報源を慎重に選んでいくことが大切だと思っています。

 

フロー情報とストック情報を意識する

f:id:fukkofuwari:20211214152437j:plain

 

ここからは、情報リテラシーをあげるために私が実践していることについて具体的に書いていきます。

まず意識の面から。

私は浪費時間をなくすために、情報収集の際はその情報がフロー情報かストック情報かを意識しています。

フロー情報は、流れていく情報、数週間経ったら忘れてしまうような情報のこと。

一方、ストック情報は、蓄積される情報。

 

自分に使える時間が短いからこそ、フロー情報ではなくストック情報を入手し、学びにつなげるよう意識しています。

 

つい携帯を見てしまうとき、これはフロー情報?ストック情報?と意識することで、無駄な浪費時間を省くことができました!

 

また、フロー情報をストック情報に変えるにはとにかく「メモをとる」も有効です!

メモを意識することで、インプット自体の質もあがりました。

メモ関係でオススメの本はこちら↓

メモの魔力 -The Magic of Memos- (NewsPicks Book) メモ活

 

 

仕組づくり

f:id:fukkofuwari:20211214153452j:plain

 

行動を変えるには意識だけではなく「仕組づくり」が重要です。

私はまず「スキマ時間」が出来たらやることリストをつくりました。

 

■スキマ時間リスト例■

 ・ ニュース記事を読む(NewsPicks)

 ・ 保存しておいた記事を読む(note記事等)

 ・ Kindkeで読書をする

 

特に私は読書が好きなので、電車に乗っている時間、バスの待ち時間、子供の習い事の待ち時間等、少しでも時間ができれば電子書籍で本を読んでいます。

 

ポイントは、スキマ時間にやることを事前に決めておくこと。

 

スキマ時間は思いがけずできたります。

その時やることが決まっていないと、つい携帯を眺めて過ごしてしまいがち。

5分あったら何をする?10分あったら何をする?を事前にリスト化しておくことで、スキマ時間を効率的に活用し、自分にとってマイナスになる情報が入ってきてしまうことを防げます!

 

fukkofuwari.hatenablog.com

 

有料コンテンツの活用

f:id:fukkofuwari:20211214155202j:plain

 

質の高い情報を入手するために私は有料コンテンツを活用しています。

ヤフーなどのネットニュースにも良い記事がたくさんあるのですが、自分にとって不要なニュースの中に埋もれてしまっていたりします。

 

その点、有料コンテンツはたくさんの情報の中からユーザーに適した情報を掲載してくれるので、短時間で有益な情報を得ることができます。

 

私が活用しているのはNewsPicksの有料会員

ニュースはNewsPicksで確認することにしているので、ニュースを見ようと携帯を開けたのに、つい芸能ニュースばかり見ているということがなくなりました。

 

また最近流行しているnoteの有料マガジンも時々購入しています。

 

情報が無料でたくさん得られる現代だからこそ、情報源を見直し自分の将来にとって意味があるか?を考えていきたいです

 

おわりに

f:id:fukkofuwari:20211214104309j:plain

今回は、私が情報を得るにあたって意識していること、具体的な仕組みづくりについて書かせていただきました。

 

私も以前はワイドショーやネットニュースが大好きでよく見ていました。

しかし、コロナになりただでさえ閉塞感がある毎日、批判的な番組や記事を見るのに疲れてしまい、もっと有意義な時間に変えたいと、情報収集について見直しました。

 

フェイクニュースや一部だけ切り取ったニュースに惑わされないため、情報リテラシーをあげる。

これは子供にも伝えていきたいことだなと感じています

 

これからも、自分自身の情報との向き合い方、子供にどのように教えていくかを考えていきたいと思います。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました!!

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 気づきへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ
にほんブログ村

子育てで余裕がなくなりイライラ、、そんな時にするご褒美リストとは?

f:id:fukkofuwari:20211206142142j:plain

 

こんにちは。

私は、4歳0歳子育て中ママで、現在育児休暇中です。

乳幼児期の子育ては体力的にも精神的にも疲れ余裕がなくなりますよね。

我が家の話をさせていただくと、長男はとにかく「寝ない赤ちゃん」でした。

新生児期は毎日夜通し泣き続け、月齢が大きくなっても寝くずりで何時間も泣き続ける、やっと寝たと思ったら背中スイッチで起きる、を繰り返していました。

 

人って睡眠がまともにとれないと、心がおかしくなるなと実感しました

 

今は2人の育児と家事に追われ、睡眠は十分とれず、ご飯は食べた気がしない毎日。

もちろん子供は可愛い。

でも睡眠不足に子供のいやいやが重なったりすると、なんだか泣けてくるときがあります。

必要以上に怒ってしまい、後から反省してまた泣けてくる

親が疲れて余裕がなくなっている状況は、子供にとっても良くない環境ですよね。。。

 

f:id:fukkofuwari:20211206144617j:plain

 

そして、この大変さは自分にしかわからないんですよね!!

 

1日だけなら頑張れても、毎日毎日のことだから辛くなってくる。

 

また、どんなに頑張っても褒めてもらえないのが子育て

 

だからこそ、私は自分の身は自分で守るしかないと思っています。

褒めてもらえないなら、自分で自分を褒めましょう!!

今日は、私が自分を守るために作っているご褒美リストと、その内容についてご紹介したいと思います♪

 

■こんな方にオススメ■

・子育てに追われ、心が疲れてきている

・子供についイライラしてしまう人

・家事や育児に追われ、自分のことは後回しな人

 

自分への優しさを行動で示す

f:id:fukkofuwari:20211207155057j:plain

私がご褒美リストをつくろうと思ったのは松村亜里さん『お母さんの自己肯定感を高める本』を読んだことがきっかけ。

この本には、子供を幸せにするには、ママ自身が「幸せ」で「笑顔」になることが先決と書かれています。

子供のために自分を後回し、余裕がなくなり「笑顔」が消え八つ当たり。

「幸せと逆方向に向かっていませんか?」

という言葉がぐさっとささりました。

本には、そんな辛い時ほど「セルフコンパッション=自分への思いやり」が大切と書かれています

セルフコンパッションとして挙げられていたのが、自分への優しさを「行動で示す」こと

自分に示せる思いやりの行動書き出し実行していきます。

私も早速思いつくまま書き出していきました。

私のご褒美リスト

f:id:fukkofuwari:20211206142155j:plain

 

私が書き出したリストで特に実践していることが以下の3つ。

・スイーツを食べる

・上等な紅茶を飲む

・小説を読む

大したことないんです。

でも、1日たった10分でも自分への優しさを示す「ご褒美タイム」があれば、少しは頑張れるんです。

食事中は子供に食べさせるのに必死で、自分は冷めたご飯を口に流し込む。

それでも、スイーツを楽しむ時間があれば、少しは元気が出ます。

 

誰もほめてくれないなら、自分で自分を褒めましょう!

 

おわりに

f:id:fukkofuwari:20211207161832j:plain

 

今回は、子供のためにと頑張りすぎて、余裕がなくなってしまうママさんパパさんに向け、ご褒美リストをご紹介しました。

 

真面目な人ほど、一生懸命になりすぎて、息切れしてしまいがちですよね。

このブログを書いている私自身も、すぐに余裕がなくなり、子供に怒りっぽくなり、反省するの繰り返し。

そんな時は少し立ち止まり、ご褒美リストを見直し、改めて毎日5分でも自分への優しさを行動に示す時間を持ちたいですよね。

 

最後に、松村さんの本に書いてあったこと。

セルフコンパッションはシャンパンタワーをイメージすると良い

一番上に自分のグラス。流れるのは「愛」。

自分を愛でいっぱいにして幸せになると、それは自然と流れ出て、子供へ、家族へ、幸せが伝わっていく。

素敵な言葉ですよね。

 

お互い「笑顔」で子育てするために、まずは自分への優しさを行動で示しましょう。

読んでくださりありがとうございました。

育児に追われ自分時間「0」だった私が毎日自分をアップデートできるようになった話

 

f:id:fukkofuwari:20211122111621j:plain

 

今回は、育児や家事に終われながらも、自分の学びや趣味のための時間を確保し充実した毎日を過ごすためのオススメの方法を書きたいと思います!

 

具体的には以下の2つの時間の活用について書きます。

① ながら時間の活用

② スキマ時間の活用

具体的に私が活用しているアプリ等もご紹介したいと思います!

 

■こんな人にオススメ■

・ 家事育児に追われ自分時間がない

・ 育児休暇中で、社会から取り残された気分

・ 大人の学びを始めたいが時間がない

 

 

 

 

自分時間「0」で自己肯定感が低すぎる日々からの脱却

f:id:fukkofuwari:20211122122617j:plain

 

私は2児の母で、現在2人目の育児休暇中です。

 

1人目が0歳の時の育児はそれはもう大変。だっこをしないと寝ない子だったので、手は腱鞘炎、常に寝不足でげっそりな毎日。仕事に復帰してからも保育園のお呼び出しに怯えながらなんとか家事育児仕事をこなす日々。

 

自分時間は微塵もありませんでした。

 

常に子供や仕事のことで頭がいっぱいで、それ以外のことを考える余裕もなかったです・・・

 

当然私自身の自己肯定感は低く、趣味や学びに時間を使える同僚を羨ましく思うばかりでした。

 

2人目の育児休暇も同じ日々が繰り返されると思っていましたが、そんな中、音声ラジオVoicyを知り、料理をしながら聞くようになってから、少しずつ意識が自分に向き始めました

 

一度自分に意識が向くと、やりたいこと、行きたいところ、学びたいこと、などが溢れていきました。

 

とはいっても乳幼児を育てながらまとまった時間を取ることは無理!

そこで、ながら時間・スキマ時間 を上手く活用して自分のやりたいことを進めていくことにしました。

 

ながら時間の活用

f:id:fukkofuwari:20211122122245p:plain



私が活用している「ながら時間」は、家事をしている時間です。

子育て中の人は自分のためにまとまった時間はとれません。だからこそ、毎日している「家事」の時間を有効活用するのがオススメです!

 

具体的には、私は料理をしながら以下のアプリでラジオを聞いたり番組を見たりしています。

・音声プラットフォームVoicy(基本無料)

・TVer (無料)

・NewsPicks (番組は有料)

特にオススメなのはVoicy(Voicy - 音声プラットフォーム)

一言でいうと無料で聞けるラジオです。有料のプレミアムリスナーになると、プレミアムリスナー限定の配信も聞けます。

たくさんのパーソナリティさんがいて、キングコングの西野さんなど有名人の方も登録されています。

 
おすすめ番組

日々の気付き・ビジネスヒント

・ ワーママはるラジオ / ワーママはる

・ Voice of ちきりん / ちきりん

・ #西野さんの朝礼 / 西野亮廣(キングコング)

・ 澤円の深夜の福音ラジオ / Madoka Sawa

子育て

モンテッソーリ子育てラジオ / モンテッソーリ教師あきえ

ニュース

 ・ ながら日経 / 日経新聞

・ きのうの経済を毎朝5分で! / DJ Nobby

語学

 ・アルク公式 キクタン英会話 / アルク公式 キクタン英会話

 
特に子育て中の方にオススメなのはワーママはるラジオ
2人の子供を育てるワーママはるさんが、日々の出来事からの気付きやリスナーさんからの質問回答を発信されており、たくさんのフォロワーさんがいる人気番組です。
 
はるさんは思考分解が得意で論理的でありつつも、一つの出来事から着想を広げ、子育てに当てはめると?など独自の切り口での気付きを配信されています。
 
毎日聞いていると、思考の幅が広がり、自分がアップデートできていることを実感します。配信時間は15分~20分なので、1.5倍速で聞くと10分程度。料理中や洗い物をしながら聞くのに最適です!!
 
はるさんは本も出版されていて、そちらもオススメです!
 

fukkofuwari.hatenablog.com

fukkofuwari.hatenablog.com

 

スキマ時間の活用

f:id:fukkofuwari:20211125101632j:plain

 

まとまった時間はないからこそ、積極的に活用したいのが「スキマ時間」です。

時間の使い方を見直すために1日の時間を見える化してみると、目的なく携帯をいじっているような「使途不明時間」がたくさんあることに気付きました。

 

塵も積もれば山となる。数分単位でのスキマ時間も積み重ねれば数時間、数日分になります

 

スキマ時間活用のポイントは、時間が空いたときに何をするか事前に決めておくこと。

★私の実例★

~ 5分程度: ニュース・記事を読む

10分以上   :本を読む

私は読書が好きなので、少しでも時間ができれば本を読みます

お風呂の中、子供が少し早く寝た後寝室で、バスの待ち時間、電車の移動時間 など。読めるのは一度に数ページでも、ちょっとずつ読み進めると気づけば数日で1冊読み終わっています。

 

fukkofuwari.hatenablog.com

 

これまで芸能ニュースを眺めて過ごしていた「スキマ時間」。ほんの少しの意識で貴重な「自分時間」へと変わりました

 

まずは「時間の見える化」をして、どれくらい使途不明時間があるか?を意識して、「スキマ時間」にやることリストを作ってみるのがおすすめです!

 

終わりに

f:id:fukkofuwari:20211125101625j:plain

 

今回は、育児に終われで自分時間「0」、自己肯定感が低かった私が、ながら時間」「スキマ時間」の活用で毎日アップデートできるようになった話について書かせていただきました。

 

子育て中だと、まとまった時間を取って勉強したり、セミナーに出かけたりは難しい。だからこそ時間の使い方を見直し、「ながら時間」「スキマ時間」を上手く有効活用し、少しずつでも自分自身を磨いていきたいですね。

 

読んでいただきありがとうございました。